2011年2月 のアーカイブ

覇気のない菅総理

2011年2月28日 月曜日

テレビで国会予算委員会を観て

今日は雨模様なので自宅で午前中CIMG3875

国会中継を観ていました。

自民党の小泉議員の質問に立つ

菅総理の答弁を聞いていると、

どちらがベテラン議員か分から

ないほどの自信の無さそうな

日本国の総理大臣でした。

小泉議員は、2009年に何故CIMG3868

多くの国民は政権交代を望み

民主党に政権を委ねたのか?と

総理に質問。

その総理ののらりくらりとした答弁に

小泉議員は今まで自民党が派閥・

天下り等自民党政権に国民がNOを

突きつけ、また自分のような施主議員

という古い体質にもNOを突きつけ、

民主党のマニフェストを指示したからでは

無いのかと検挙に積める姿は野党与党ということではなく、国民目線に立っているのはどっち

なのかはテレビを観ている大方の皆さんが感じたのではないだろうか。

実に今の菅政権を観ていると嘆かわしい。

政権維持だけのように感じてならない。

写真はNHKの放送をテレビ越しに撮影(すがすがしい小泉議員の質問と、終始視線を下にしたままの

自信なさげな菅総理の答弁)

 

 

3月議会に各委員会に付託される議案

2011年2月25日 金曜日

いよいよ3月4日から3月議会が始まります

改選前なので3月議会は骨格予算が上程されており、本格的な予算や政策は来期の6月議会

に提案される事から、各常任委員会は各1日で審議することになっている。

ただ、来年度どのような歳入見込みをしており、どのような歳出が行われるのかをしっかり

議論しておかなければ6月に政策として掲げられる第5次総合計画が分かりにくいものに

なるのではないかと考えられる。

 

各常任委員会に付託される議案

付託議案1

付託議案2

 

常任委員会の所管変更が議論

2011年2月24日 木曜日

各派代表者会議において

八尾市議会の常任委員会の所管変更について議論がなされてます。

まず、総務常任委員会は市長部局の機構の変更に伴い、議会としても名称を変更

するものです。

次に、現行文教産業常任委員会(こども、教育、経済環境、農業)をひとつの委員会で審査して

いたものを、ボリュームが大きくなってきた(こども・教育)をひとつの委員会で審査すべきでは

ないかとの意見があり、また(経済環境、農業)は八尾市の今後のまちづくりの動きの中では

建設常任委員会と密接に関わると考えられることから以下の表のような委員会の所管に検討

しており、改選後に変更できるよう条例改正にむけ事務局で進めている。

また、昨年9月議会において議員定数を4名削減したことにより、現行各常任委員会8名で

構成されていた定数を、7名とする変更も併せて改正する。

私たち議会も市長部局の動きや市民の方々の意見をよく聞き今までに増して柔軟で

スピーディーな対応が必要とされている。

委員会変更案

 

 

八尾市の議場がプチリニューアル

2011年2月23日 水曜日

インターネット配信に対応

八尾市議会が昨年からCIMG3859

インターネット配信を行っています。

それに伴い、掲示板の電子化や

質問者の声を正確に配信できるように

マイクの設置等、議会を分かりやすく

公開できるような整備が行われました。

今は本会議のみですが、インターネット

でご覧頂けます。CIMG3861

まさに情報公開の

第一歩と考えています。

 

 

 

 

 

CIMG3864

 

 

      裏方の録音室

 

 

 

CIMG3866

 

平成23年度予算案が議会に提出されました

2011年2月20日 日曜日

総額181,515,134、000円

一般会計 929億1,800万円

特別会計 688億円

企業会計 197億9,600万円

が八尾市の平成23年度予算として3月議会に上程すべく2月18日の議会運営員会に

提出されました。

今回の予算は、改選前の予算編成なので、本格的な予算は市長が誕生してからのものと

なるため、骨格のみが組まれる予算編成となっております。

内容としては、景気の悪化で市民税が落ち込むと見ており、固定資産税も土地の下落により

減収を見込んでいます。税収の落ち込みで23億5,500万円の収支不足が見込まれ、それを

基金の取り崩しにより充当する厳しい予算組となっています。

歳出は人件費は退職手当や人件費カットなどで削減されてはいますが、扶助費・各保険

事業費の繰出金の膨らみなどの社会保障費の増額により八尾市の財政構造はいっそう

厳しいものになっています。

今までに増して、議会は将来にツケを絶対まわさないという視点で取り組まなければ

なりません。

民主党のようなバラマキをしている余裕など日本の国・八尾市には有りません。

23年度予算1

 

2

3

4

八尾市の人口が府下で最も減少

2011年2月19日 土曜日

大変なことです (5年前より4,835人も減少)

八尾市の人口が先日の新聞にも掲載されていましたが、大阪府下で最も減少していると

発表されました。

人口の減少は「魅力ある八尾のまち」と市民は感じていないからなのでは?

住んで良かった!住み続けたい!と思うまちづくりになっていないのでは無いか?

この事を今一度、我々また行政が見つめ直さなくてはならないのでは?

謙虚に分析し、市民が住み続けたいまちとはどのようなものなのかを政策に取り入れ

無ければ、八尾市は負け組になってしまいます。

人口1

人口2

2月の議員報酬公開します

2011年2月18日 金曜日

皆様のお声にお答えするため頑張っています

市民の皆様に取っていただきすぎでしょう?

本日各派代表者会議において、ある党の方から市民の皆様は議員報酬が高すぎるから

下げるべきであるとの発言がなされました。

その党の方々は議員定数を増やすべきと訴えておられます。

私たち会派は議員定数を減らすことによって議員が少数で切磋琢磨することにより議会費の

削減を着実に進めております。

因みに、本日議会事務局から来年度予算において報告があり、

・議員報酬、期末手当においては323,430,000円(22年度)から289,926,000円(23年度

で33,5040,000円の削減をはかり、政務調査費においては26,040,000円(22年度)から

23,730,000円(23年度)となり35,814,000円の削減に努めることが出来ました。

是非、パフォーマンスと取られることの無いような、着実な活動を行っていただきたい。(私の思い)

汗をかかずして実りは有りません。 

議員をボランティア化するなら制度改正に本気で取り組んでいただきたい。

薄い議論に終わりたくはありません。

2月分歳費

民主党の内乱がついにはじまりました?

2011年2月17日 木曜日

自分たちの選挙のため?小沢さんのため?政治家として国を思うが故に?

16名の皆さんが何のために今回の行動をおこされたのです?

小沢さんの忠誠心のため?

自分の次の選挙のため?

民主党ではこの日本が駄目になるとやっと感じたから?

何れにせよマスコミの報道でしか図りかねますが、菅民主党政権は末期なのでは

無いでしょう?

政治家個人個人がいろいろな考え方を持っているのは当然だが、国(我々だと八尾市)

のため大同小異の者が集まる者が会派であり政党であるべき。

今回民主党の造反は、イデオロギーの違う議員が民主党の中少なくともおられると言うことが

露呈したことにはならないだろうか?

すみません、「そんな事最初から分かっているだろ」と怒られそうですが。

色んな寄り合い所帯の政党には無理が有るのではないです?

 

平成23年2月17日読売新聞夕刊

01

 

 

尖閣諸島における政府の対応に抗議します

2011年2月17日 木曜日

自民党の尖閣諸島の実地踏査に関する決議に私も賛同します

尖閣諸島において、日本国の領土であるという考えに責任を持って、

国は責任と主体性を持って、早急に尖閣諸島の調査を行い、島の利活用の

推進に努めるべきである。

管 直人様 内閣総理大臣としての日本国を愛していただきたい。

2

1

八尾市国民健康保険運営協議会

2011年2月16日 水曜日

本年度2度目の国保運営協議会が開かれた  pm2:00~

国民健康保険運営協議会とは、市長が国民健康保険運営に際し広く専門家や

市民の意見を聞き、八尾市の国民健康保険運営の参考にするものであると理解

理解している。

今回は平成22年の決算見込みと平成23年度の予算案が示された。

この予算案に基づいて6月には平成23年度の保険料が決まることになる。

平成21年、22年は不景気のため市長の政治的な判断の基 保険料の値上げはせず

据え置きされました。

平成23年度は2年据え置いたこともあり財政的に苦しい局面を迎えていると考える。

しかし、今日の資料通りの値上げ幅で納付するのであれば、市役所の窓口はパンク

するほどの厳しいものになると創造される。

我々議員は出来れば値上げをすることの無いような議論をしたいのであるが、むやみに

一般会計からの繰り出しを求めるような無責任な判断のし難い。

今後は下線部の法定で認められた以外の繰り入れ を市長にどれだけ求めるかが

議員に課せられた責任ある判断になる。

3月議会・6月議会でしっかりとした議論をしていきたい。

因みに、この国民健康保険制度はとっくに破綻をしており、国は早急に税を含む

社会保障制度の抜本的な見直しが急がれる。

八尾市の国民健康保険を担当している職員の皆さんは、頑張っているのに制度に

振り回されて大変だと思います。

1

2
3

4

5