2012年2月 のアーカイブ

大阪広域水道企業団議会2月定例会

2012年2月15日 水曜日

議案は全て可決されました

場所:ホテルプリムローズ大阪 2階

時間:打合会10:00~11:40

    議 会13:00~14:00

先日2月2日のブログで議案の内容は報告させていただきましたが

本日その予算議案4件と条例改正議案3件は全て賛成多数で可決

されました。

議案

議案第1号・・・

      平成23年度大阪広域水道企業団水道事業会計補正予算の件

          年間の総給水量の減により-11,000,000m3

                  その事に伴いー1,011,657,000円の減収による減額補正

議案第2号・・・

      平成23年度大阪広域水道企業団工業用水道事業会計補正予算の件 

          年間総配水量の減によりー85,000m3

         その事に伴いー114,265,000円の減収による減額補正

議案第3号・・・

     平成24年度大阪広域水道企業団水道事業会計予算

         水道事業収益43,845,642,000円(収入)

         水道事業費用43,421,564,000円(支出)

         等に伴う予算議案

議案第4号・・・

     平成24年度大阪広域水道企業団工業用水道事業会計予算

         工業用水道事業収益9,113,879,000円(収入)

         工業用水道事業費用8,632,541,000円(支出)

         等に伴う予算議案

議案第5号・・・

     大阪広域水道企業団水道企業条例一部改正の件

議案第6号・・・

     大阪広域水道企業団職員の給与の種類及び基準に関する

     条例一部改正の件

議案第7号・・・

     大阪広域水道企業団職員の育児休業等に関する条例一部

     改正の件

今後は大阪市の計画を待ちながら方向性を検討する事になりそうです



 

 

          

第31回政調会

2012年2月13日 月曜日

地域担当制について・ めいわく条例について

                     10:00~12:00 議会会議室

地域担当制

本日の政調会は「希薄になっている地域をどの様に活気のあるものにして

行こうか」を市の職員の皆さんが試行錯誤をしながら取り組んでいる事を

説明いただいた。

4年前から取り組んでいるコミュニティー推進スタッフが培ってきた地域で

ノウハウを今後は地域担当制として担当職員が地域の特性や課題解

決に取り組んで行くとの事である。

政策推進課・市民ふれあい課が熱心に担当していただき地域とのパイプ

役を担っていただいている。

今後は今ある「八尾市市民参画と協働のまちづくり基本条例」に校区まち

づくり協議会の設置やそこに地域予算をつけ、地域それぞれのお金の使

い方を考えるというものである。

私としては、税を地域に意味もなく配るというものに決してなってはいけな

いことから、小さな行政を創る観点・防災の観点などの強いメッセージを

込めてこの制度に踏み切っていただきたい。

また、われわれにもよく相談のある町会のあり方の問題もそこには存在

しており、希薄になっている地域コミュニティーの今後のあり方をしっかり

議論すべきと考える。

町会という素晴らしいまちの組織が次世代に必要とされるのか、必要とさ

れる仕掛けをするのが行政の仕事なのかも含めて研究すべきである。



めいわく条例

空き家・ペットの糞・著しい迷惑行為など、市民の皆様から「何とか行政で

解決していただけないか」というご意見をよく聞きます。

どこへ行けば解決できるのか、プライバシー・個人の権利などの理由でどう

ようもない事を条例で市民の皆様の生活に安心を持って貰うことができる

のであれば、行政としていろいろな問題が有っても取り組んで行く必要があ

るのでは無いかという観点で政調会の課題に上げました。

今一度『道徳心』を!

 

 

 

 

 

フェイスブック始めました

2012年2月13日 月曜日

本日よりFacebookを始めました

FacebookとBlogを連動させてできるだけタイムリーな情報発信に努めて

まいります。

本来アナログ人間なんですが、自分のできる限りのデジタル発信に努力して

いきたいと思っています。

                                  西川 のりふみ



Facebook  nishikawa@norihumi.com

第30回政調会

2012年2月10日 金曜日

教育・保育・広域行政・上下水道・高齢、障害・病院

9:30~11:00 学校教育、生涯学習 ・・・教育委員会

11:00~12:00 保育           ・・・保育課

13:00~14:00 広域行政        ・・・政策推進課

14:00~15:00 上下水道        ・・・水道局、下水道課

15:00~16:00 高齢者・障害者施策  ・・・高齢福祉課・障害福祉課

16:00~17:00 八尾市立病院     ・・・ 市立病院事務局企画運営課

教育関係

生涯学習施設の利用状況が平均40%台と余り良くなく、管理運営を今後

どのように改善し広く市民に利用して頂く考えがあるのか?

民間委託を含めた効率の良い管理運営のあり方を考えるべきではない

のか?

25年度に迎える指定管理者の更新を見据えて長期的な視野に経って

考えていただきたい。

保育行政

待機児童47名見込み・保留児童400名を超える数字が子育て世代に

優しい八尾市とは到底言い難く、保留児童まで含めた保育所に預けたい

全ての児童に対しての施策展開が必要ではないか? 

是非八尾で子どもを生み育てたいと思っていただける市を創っていただ

きたい。(八尾市の生き残り戦略のひとつと位置づけます)

保育ママへの見解を聞いたが、研究段階との説明だった。

広域行政

八尾市が他の市や大阪府の動向や国の制度を待つのでは無く、八尾市民

に取ってメリットが有るのかという視点に経ち是非強いメッセージを発信して

いただきたい。

また、間も無く押し寄せる広域化の提案に主体性を持ってどの様に取り組む

のかを早急に研究して頂きたい。

(水道・病院・文化・交通・保険・ゴミ・下水道等)

水道・下水道事業

水道はいつもご報告させていただいている通り、大阪市の動向が今後の

広域化に大きく影響する説明があった。

下水道においては水道と一体化を進めてきたが、水道事業の広域化に伴い

上下水道一元化は、見直しが迫られそうである。ただ、企業会計への移行

は行う予定としており、独立採算の原則の会計を持って市民にわかりやすく

説明責任するとのこと。

しかし、懸念すべきは23年度末において1,024億円も起債残高を抱える

下水道事業を企業会計で運営していけるのかは非常に懸念されるところで

ある。八尾市全域の下水道化は平成32年を目標にしている。

今後100%に要する費用は総額1,470億円と推計されており、費用対

効果の議論が必要である。

お詫び

2012年2月10日 金曜日

2月11日・12日のBLOGは月曜日以降に更新します

BLOGの環境整備更新の為、明日と明後日はBLOG更新が出来ませんので

月曜日以降に更新させて頂きます。

また、訪問を心からお待ちしています。

いつもBLOGをご覧頂き有難うございます。




西川 のりふみ

八尾市国民健康保険運営協議会

2012年2月8日 水曜日

平成23年度の運営状況・平成24年度予算(案)  本日現在の見込み

                              14:00~15:20   8階第2委員会室

平成23年度の決算見込み は医療費の伸び等で単年度収支で699,009,000円の

赤字の見通しで、会計としては1,585,184,000円の累積赤字となる見込み。

(決算額は歳入は31,774,300,000円、歳出は33,359,484,000円。)

平成24年度の予算(案) は歳入32,986,560,000円、歳出32,986,560,000円

の予算を提案された。

75歳以上からは国民健康保険事業会計から後期高齢者医療広域連合に移る事から、

24年度は加入者が942名減りが99名が退職して新しく加入することとなり結果843名の減

となる見通し。

その事により国民健康保険会計自体は一息つくことができるが、相変わらず医療費が増え

続けていることから、厳しい状態は続くこととなりそう。

参考・・・加入者数(被保険者数)は24年度 83,027名の予定

   医療費は23年比102.1%と見込み27,532,249,000円(30,120,4000円増)

よく皆様から「国民健康保険の保険料が高すぎる」とご意見を頂戴します。

私も加入していますが全く同感です。

しかし、国民健康保険は基本的には国・府の交付金や支出金と加入者の保険料で運営している

保険制度です。

もし、安くするのであれば今の制度上、八尾市の財源(一般財源)から投入するしかないわけで、

現在でも約28億円入れている以上の市の負担を行うこととなり、この事は安易に行うべきでは

無いものと考えます。しかし、私たちの会派はこの3年間著しい景気の悪化を鑑み保険料値上げ

をすべきでは無いと訴え、市長も同じ考えに立ち税(一般会計から)投入を判断されました。

24年度の保険料は今後所得税の決定を見る4月以降に提案されることとなりますが、われわれ

会派は市財政を圧迫することの懸念と、市民生活におけるぎりぎりの保険料を判断し決断する事

になります。

この国民健康保険制度は今や破綻しています。

                国の抜本的な制度見直しを求めます。

第29回政調会

2012年2月8日 水曜日

住宅施策についての私の考え

本日の政調会は住宅・ゴミ・入札制度の3つのテーマで政調会を開催。

私は2時から国民健康保険の運営協議会が8階第2委員会室で行われたので

政調会は住宅のテーマの参加のみになってしまいました。

本日は住宅管理課・住宅整備課が説明に来ていただき、今後の八尾市の住宅施策の

方向性について説明を頂きました。

私の考え

八尾市営住宅には古い歴史が有ることは十分理解しますが、現在住居している方や今後

必ず入居を必要とされる方の推移をしっかり把握し、われわれの子どもの世代に大きな

負担とならないよう慎重な計画の策定が必要であると考えます。

また、八尾市民の全体のことを考え市営住宅に入居されている方と生活が苦しいながらも

持ち家、借家でお住まいの方との不公平は絶対に有ってはいけないことであり、今後の住宅

施策のあり方は市民の公平性を最重要に考えていただきたい。

参考・・・ 西郡住宅(改良住宅1,013、公営住宅407)計1,420軒

      安中住宅(改良住宅169、公営住宅230)計399軒

      萱振住宅(公営住宅100)計100軒

      大正住宅(公営住宅123)計123軒

     八尾市の市営住宅合計2,042軒

     市営住宅は新しく建てると70年間維持していくとの事。

     1軒の住宅に70年間で約3,000万円程税の投入がされるとの資産が出ている。

今後ますます税収が厳しくなると考える中で、八尾市で1,000軒以上もの市営住宅

を維持管理することが今後も可能なのかを八尾市の将来を考えて責任有る方向性を

出していただきたい。

     

 

 

 

 

第28回政調会・会派総会

2012年2月6日 月曜日

会派の重点施策に対しての執行部(市)側の説明を聞く

本日から3回に分けて先日まで練り上げてきた会派としての重点課題に対しての

執行部(市)の考え方を聞き、最終的にわれわれ会派の方向性をまとめることと

している。

また、3月議会において代表質問に一定盛り込む事としている。

本日の日程

政調会

・10:00~10:45 人事のあり方と公務員待遇・・・人事課・職員課

・11:00~12:00 八尾市の産業施策・・・産業振興課

・12:45~13:30 都市計画・・・都市政策課・都市整備課

・13:45~14:45 防災(耐震)・・・審査指導課・公共施設課・都市政策課・住宅管理課

                      住宅整備課・教育政策課・政策推進課

・15:00~15:45 防災(総合)・・・地域安全課・消防本部

・16:00~17:00 会派内討議(本日のまとめ)

会派総会 

12:00~12:45 3月議会代表質問者決定、今後の会派の進め方等

『骨太の会派方針』を創り上げます。

久しぶりの100㎞越え

2012年2月5日 日曜日

ゆったりと「武庫川」から「宝塚」へ

今日は天気も良かったし、武庫川のモニュメント

運動不足解消の為、ロード

バイクで神戸方面へ。

2号線から武庫川を川沿いに

山の手へ走り、武庫川の高級

住宅街を抜けると宝塚大劇場。

また、その前には手塚治虫記念館。宝塚大劇場

観光客もたくさん来られていました。

非常に落ち着いたまちですね

自転車で町をゆっくり走るのも

楽しい感じ。

少し時間を取りすぎたので、次は手塚治虫記念館

中山寺へと。

子どもができた頃を思い出しながら

お参りをさせていただき、帰ることに。

帰りは宝塚から伊丹、川西を通り

尼崎から2号線に入り帰ってきました。中山寺

久しぶりの110㎞程の走行だった

ので、太股がはっています。

疲れたけど良い汗をかきました!

 

 

 

自由民主党八尾支部大会

2012年2月4日 土曜日

支部報告・国政報告  1:30~  大黒殿にて

本日、自由民主党八尾支部大会が代議士の国政報告

行われました。

現在の自由民主党八尾支部の

党員は232名との報告が司会者

からされました。

 

支部大会では22年度の支部活動報告会計報告等が行われました。

議事進行役からは今までは1年遅れの22年度の報告を2月にしていたが、今後

は年度が終わった5月頃の開催にしたいとの報告があり、今年は本年度の5月頃

に23年度の報告をもう一度行うとの事でした。(ごもっともです)

 

議事の終了後谷畑代議士の国政報告が約40分程行われました。

その折りには今年の6月に衆議院解散総選挙が行われる公算が非常に高いこと

の報告をされていました。