2012年3月16日 のアーカイブ

第34回政調会

2012年3月16日 金曜日

証明書自動交付機の増設について

この議会に大規模商業施設・八尾市役所市民課窓口に

自動交付機を増設する予算が上程されています。

自動交付機設置経費

アリオ八尾1階ATMコーナー        1,256万5,000円

イズミヤ八尾店1階エスカレーター前    1,256万5,000円

八尾市役所本館市民課窓口横         853万8,000円

自動交付機維持管理経費(1年間で)

アリオ八尾1階ATMコーナー          548万5,000円

イズミヤ八尾店1階エスカレーター前      548万5,000円

八尾市役所本館市民課窓窓口横        94万9,000円

(市役所内設置は配線・管理は配備されていることから安価で済む) 

 5年間で約1億円の投資になります。

皆さん証明書を年間何回取得しますか?

この予算について我々の会派メンバーからこの予算について多数

問題定義が有った。

・この予算が今の八尾市に取ってそれほど優先順位が高いと

考えられない。

昨年3月11日14:46に起きた東日本大震災から従来の「より

便利にする」という予算の有り方に対して一変したのでは?

まさに昨年の予算は今まで他市に後れを取っていた学校施設

耐震化に一刻も早い取り組をと最優先に5年間で130億円投入

するものが最優先された。

このことにより他の事業を精査しなければ将来世代に付けを回す

ことになるという危機感を持たなければいけない。

今回の交付機増設予算は二つの要素があり市役所内に増設する

ものは窓口の混雑緩和や窓口業務に当たっている職員削減につな

がる、いわゆる行革につながるものだと考えられるが、大規模商業

施設に設置するものは「今よりより便利に」という視点である。

震災前ならそのような視点でのサービスが優先されていたことも分

かるが、環境が一変したことをもう少し自覚すべきではないか。

また、景気の影響か今回保育所入所を希望する方々が多く、保育

所に入所できない方が多く出ると見込まれいる中、このことの方が

優先順位が高いのでは?

更に言うなら将来世代に負担を強いている割に将来世代が安心して

住み続けられる予算をもっと積極的に考えるべきである。

今の国会のように時間をかけて検討するような姿勢が命取りになるの

では!

 その他の問題点も多数

・八尾市全体の配置に計画性が全くない。(東部地域・西部地域は?)

・今配置してある交付機の1枚当たりの単価を見てみると交付機の必要

性に慎重に

現在設置場所の交付経費(1枚当たり)

市役所本館・・・  232円

山本出張所・・・  769円

市民病院  ・・・4,724円

・平成26年度には国が個人番号カードの導入を検討しており、

導入されれば実質交付機は不要になるのでは、またコンビニ

交付が始まる。

(因みに税の納付は25年4月からコンビニ納付が可能になる)

・自動交付機を利用するには「八尾市民カード」を取得する必要が

あること。

・昨年12月に証明書が「受益と負担の原則」として値上げを

されたばかりで、なぜ今回の自動交付機で行革を行った結果を

踏まえ値上げに踏み込まなかったのか、全く計画性のない導入

としか考えられない。

・市民の意見を一切リサーチされた資料がないということ。

(市民のニーズで今回の施設を望んでいるという事なのか、他の

地域はどうなのか)

政調会では様々の意見が出された。

 

 

 

 

 

小学校の卒業式

2012年3月16日 金曜日

第39回永畑小学校卒業式      9:30~11:00

「ご卒業おめでとうございます」

卒業生123名

今日は八尾市立の小学校の卒業式

が行われました。

私は地元の永畑小学校に招待を受

てましたので参加させて頂きました。

私が小学校卒業していこうにできた

永畑小学校がもう39年の歴史を刻

んだ事に改めて少し驚くと、自分自身

が歳を取った事への寂しさを感じます。

 

今年から来られた校長先生は

落ち着きと何か安心感を与えて

頂ける方で今日の「学校長式

辞」も味わいのある素晴らしい

ものでした。

地元の小学校に良い校長先生

がおられる事は嬉しさを感じます。

ただ、永年おられる先生の中に

国歌を斉唱されてない方がおら

れたのでは?  

非常に残念な方がおられますね。