2012年7月12日 のアーカイブ

大津いじめ

2012年7月12日 木曜日

「いじめ」はもはや事件 

                     7月12日読売新聞朝刊参考

 

本日の読売新聞を読んでいて、保護者の言葉に「今回のいじめはもはや

事件。市教委や学校の説明を聞いていても信じていいのか分からず、

息子を通わすのも不安だ。捜査で少しでも真実が明らかになれば」

語っておられます。

私はこの言葉を読んで、「もはや事件」「市教委や学校の説明を聞いても」

「息子を通わすのも」「そうさで少しでも真実が」

事なかれ主義で行われている行政に対しての信頼や期待、解決能力の

無さ自助能力の欠落、等々全てに対しての失望をこの言葉に感じてしまい

ました。もし言い過ぎならお許しください。でも皆さんは今回の事件をどの様

に受け止められ、感じられましたか?

事件がおきてから今日まで9ヶ月が経っています。

市長の「非常に残念」という言葉にすら怒りを感じてしまいます。

実は私にも、生徒のいじめの相談を数回受けたことが有ります。

その時、「学校ではそのような事実は把握されていません」

「いじめられる生徒にも原因が有るのでは」

「学校長に連絡されていません」等々

今回の事件と同じような回答がいつの返ってきます。

このような事件のニュースを目にしたり聞いたりすると、本当に

教育委員会や学校が調査していただいたり、解決に向けて努力

していただいているのか疑問や不安になります。

今の教育委員会制度では徹底した指導が無理なのであれば、市が人事権を

持った教育委員会に変えるべきでは無いでしょうか。

学校を指導監督出来ない教育委員会がこのような事件を黙認していませんか?

八尾市においてはいじめは報告されていませんが、今一度慎重に調査をすべき

では無いでしょうか。(事件に発展する前に未然に防ぐことが教育者の仕事

では!)