2012年8月1日 のアーカイブ

平成24年度の所管事務調査テーマが決まる

2012年8月1日 水曜日

各常任委員会の調査テーマ

八尾市議会各常任委員会が

所管事務調査で取り上げる

「調査テーマ」が発表されました。

・総務常任委員会

1)地域防災計画改定の進捗

状況について

2)密集市街地の防災対策

について

・建設産業常任委員会

1)産業政策について ー工業分野における中小企業支援ー

2)入札制度について

・文教常任委員会

1)待機児童の解消と幼保連携・一体化について

2)児童虐待対策について

3)子供の安全対策について

・保健福祉常任委員会

1)市民の健康管理について

※所管事務調査

「地方自治法第109条4 常任委員会は、その部門に属する当該普通地方

公共団体の事務に関する調査を行い、議案、陳情等を審査する。」とある。

※所管事務調査の必要性

地方分権になって住民は執行機関だけでなく議会に対しても、従来の市長が

提出する議案の事前審査中心でなく、議会から政策提言する必要性を求めて

おり、所管事務調査権を行使し、積極的に住民本位の政策提案を具体的

行うことが求められている。また、その事により行財政の効率的な運用を図る

必要性を求める必要がある。

※私の所管事務調査に対しての見解

所管事務調査権を行使することにより、執行機関に対して政策提案する

内容が具体的にまとめ上げる事ができるのか。

また、全員が合意できると言った漠然的な内容に終わるのではなく、議会と

して政策提案までまとめ上げる事ができるのか。

視点を住民本位の視点に立つことが鍵となるように思える。

私たち議員の本質が問われていく、所管事務調査権行使であると考えるの

で、常に委員の意見がまとまらない状況においては、私は慎重に考えている。