2012年8月 のアーカイブ

浜寺公園へ

2012年8月19日 日曜日

市民の憩いの空間ですね!

改めて浜寺公園の大きさにびっくり!

今日は自転車の点検を

してもらうために堺市へ。

そのついでに浜寺公園まで

足を伸ばしてみました。

確か、中学校性の頃行った

きりだったので、改めて公園

の大きさに驚きです。

また、プールやBBQ、ジョギ

ング、スポーツなどたくさんの

人が利用されていて、ゆったり

とした時間が過ごせつ空間で

僕も暑さを凌ぐ良い時間を

過ごさせていただきました。

先日facebookで紹介されて

いた、明治時代の消火栓の

発見しました。

その消火栓の説明プレート

「明治の頃、公園にも別荘が建っていました。その多くの別荘を火災から護る

ために設置されたアメリカROCK社製の消火栓。米軍キャンプ時代はキャン

プ内の米軍家族住宅の火災を護る為にも、そのまま活用されました。

製造年度NOV,1908(明治14年)のプレートが残るものが1本だけあります。」

 

第35回八尾河内音頭まつり

2012年8月18日 土曜日

今年は久宝寺緑地

たくさんの友人が「八尾河内

音頭まつり振興会」に参加し

この八尾のまつりを企画し、

大変な準備をしています。

是非、皆さんも参加してみて

は如何ですか?

日時:平成24年9月2日(日)10:00~20:30

場所:久宝寺緑地

イベント内容: ・河内音頭グランプリ(会場を河内音頭で練り歩き

          グランプリを決定)

         ・河内音頭大盆踊り大会(こども音頭とりや伝承音頭

          も披露)

         ・ふれあいステージ(八尾市内中学校吹奏楽部による

          演奏や大道芸など)

         ・八尾河内音頭まつりダンスコンサート(中学生までの

          2人以上のチームによるストリートダンスコンサートを

          開催)

         ・マルシェdeオンド ~八尾うまいもん広場~(市内

          食店やB級グルメ、国内交流都市の出店!こども遊び

          コーナーも開設)

         ・リサイクルフェア(他ではなかなか見つからない、掘り

          出し物があるかも!みんなで楽しくエコロジー)



 

8月の議員報酬を公開します

2012年8月17日 金曜日

今月も頂戴しました

今月は市長に対しての予算

要望を議論するための政調会

や9月議会お盆明けからは

9月議会の議会運営を話し

合う議会運営委員会や各派

代表者会議など中心の議員

活動をさせていただきました。

地域では夏祭りや盆踊り、納涼祭などが行われるため、1年を通して一番

市民のみなさんのお声を聞ける時期でもありますので、しっかり地域に

出て議員活動の参考にさせていただきます。

韓国に毅然とした対応を

2012年8月15日 水曜日

危機管理が問われています

まさに今回の竹島に対する発言や

天皇陛下に対する李明博大統領の

発言は日本に対しての侮辱であり、

無礼この上ない発言である。

日本政府は即刻、強いメッセージ

で韓国に対して報復措置を取るべきだ。

YES・NOを言えない国民になってしまったのは日教組が行ってきた

戦後教育の事勿主義の結果である。

 

韓国の代表である大統領が、日本国象徴である天皇陛下に対して「謝罪

するなら訪韓しろ」などという発言を許しておいて良いわけはない。

世界中に馬鹿にされないためにも、やかに毅然とした対応を取るべ

きである。

 

 

“ロンドンオリンピック”日本人選手の成績

2012年8月14日 火曜日

感動をありがとうございました!
 
『心・技・体』
 
日本選手団のフェアプレイやチームプレーを観ていると、改めて何故スポーツが
 
素晴らしいもなのかを考えさせられる。
 
日本選手団に誇りを感じます。
 
 全ての成績に敬意を表します。
No1
 
 

 

 メダリスト





 

 





 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





No2



No3



No4



No5



No6



No7



メダル数



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

あまりにも残念な観戦

2012年8月13日 月曜日

オリンピックを汚す行為では?

韓国はスポーツに力を

入れて金メダル13個も

取れるスポーツでは

頑張っている国になった

と感心します。

アジアの一員として中国、

韓国が頑張っていること

を嬉しく思います。

しかし、この写真を見て皆さんは日本国民としてどのように感じますか?

日本の男子サッカー選手、本当に頑張って戦ってくれました。

我々に感動とスポーツマンシップの原点を見せてくれたと私を誇りに感じています。

お隣の国民が取った行為は怒りを通り超えて寂しさを感じます。

韓国民の一部だと信じたいですが、大統領の行動、マスコミから伝わる報道を

見聞きして、私たちの国を私たち自身で責任を持って守る必要があるのかを考え

させられた報道でした。

写真は知り合いのfacebook掲載からシェアさせていただきました



 

箕面の山から服部緑地

2012年8月12日 日曜日

暑さとの戦い走行

今月も箕面を登ることが

できました。

しかし、今日は暑さとの

戦いの走りでした。

流石に都会の車は少なく

走りやすかったですが、

箕面の山は登山客、

墓参り、キャンプ等等

たくさんの人が登って

おられました。

私は、最近ヒルクライム

には少し自信がついて

きたので、時速15km

程度で登ることができる

ようになってきました。

まず勝尾寺にお参りをし、

箕面ダムの下で休憩、

気持ちの良い空気を

いっぱい楽しみ下山。

帰りは服部緑地により

たくさんの緑を楽しみ

ながら帰宅しました。

走行90km、時間は

4時間強で走りきりました。

とにかく暑かったです。

「なでしこ」の皆さんお疲れ様

2012年8月11日 土曜日

皆さんの笑顔がとっても素敵なのでブログに

期待されて成果を出すことは簡単な事では有りませんね。

昨年のワールドカップで優勝してから今回のロンドン五輪まで

大変なプレッシャーが有ったと思います。

そこで、成果を出した「なでしこジャパン」は立派としか言えませんし、

全てをチーム全員で乗り越えたのでしょう。

「重いメダル」「一緒に戦えて幸せ」とコメントされていますが、本当に

おめでとうございます。

また、素晴らしい感動をありがとうございます。

これからも進化し続ける「なでしこ」を期待します。







                                  読売新聞10日ロンドンで撮影

 

 

八尾市の“待機児童、保留児童”状況

2012年8月10日 金曜日

文教常任委員会所管事務調査として

本日13:00より文教常任委員会が行われた。

調査項目として

1)待機児童の解消と幼保連携・一体化について

2)児童虐待対策について

執行部から報告があり、報告に対し議員から意見、質問が出た。

特に、近年特に保育所入所の希望が増加しており、その市民のニーズを如何に

対応できるかが大きな政策課題になっている。

私としては、待機児童・保留児童ゼロに目指して政策を実現すべきだと考えて

いるが、執行部としては財政的・将来的な事を勘案して進めようとしている。

「安心して生み育てられる八尾のまち」とはどの様なまちで有るのか、市民の要望・

行政の責任とはどの方向に舵を取るのが良いのか、政治センスが問われる課題

であると考える。

テーマである待機児童の解消、保留児童の解消は『親が子育てに対しての

安心観と取り巻く社会の責任』という視点で捉えてみると展開すべき政策が見え

てくるような気がする。

本日は現状を資料でお知らせします。









今まで国が「安心して生み育てられる環境」に危機感を持って取り組んで

こなかった事が今の現状を引き起こしているのではないか

 

 

国民を見ていない輿石氏の発言に怒り

2012年8月10日 金曜日

やっぱり国民を見ていませんね

このような政党と何故

約束して国民に増税を

お願いするのか。

国民に信を問うてから

進めるべきです。

私は自民党席を持って

いますが、信じれない相手と国民の大きな

負担をお願いする約束をすることは自民党も重罪です。

「党利党略私利私欲」といわれ政治家を信じることができない国民が政権

交代を願ったのです。

この3年間、財政の立て直しを訴えて民主党が政権を取ったのに、自民党

政権以上の赤字国債を出し、国を窮地に追い込んだ政権なのです。

政治とは理想を掲げ、その信念の下創り上げていく責任を持つことです。

「理想だけなら誰でもいえます。」

「官僚にのっかって政治を動かすことは現実的だが政治家では合いません。」

『自分が思い描く政を国民の信を問い、その事に向かって怯まず誠実に

具現化する人間を政治家というのだと思います。』

輿石幹事長の発言はどのことも持ち合わせていない政治屋の発言でしょう。

このような幹事長が率いる政党を国民が3年前選挙で選んだことを反省し、

次の選挙に臨むべきです。

選挙で自分の生活が変わることをしっかり考えるべきです