2012年10月15日 のアーカイブ

AED・心配蘇生法を学ぶ

2012年10月15日 月曜日

八尾市議会として講習を受ける  13:00~15:45

大松議長は災害時においての、

議員の役割をこの一年で多方面

から提案されています。

本日は、災害時・救急時において

我々議員自ら、率先して人命

救助に当たることのできるように、

普通救命講習会の開催を提案

されました。

殆どの議員の参加の下、実技

と応急措置の必要性を学びました。

内容

・応急手当の重要性及び必要性(DVD視聴) 

・大出血の止血法

・心肺蘇生法及びAEDの使用方法の説明

・心肺蘇生法実技

・質疑及び修了書交付

平成23年度においては心肺停止患者が275名おられ、その内、救急隊の

到着時に122名(44.4%)の方が、近くにおられた方により、何らかの応急

措置がおこなっていたとのことでした。

心配蘇生をおこなうことにより、大きく生存率が高まるとのことです。

 一人でも多くの方が確かな知識を身につけ、実技訓練を行うことの必要性を

感じました。

機会が有れば皆様も、是非講習を受けていただきたいと思います。

平成23年度訓練実績

普通救命講習  61回実施 1,805名参加

応急手当訓練  75回実施 3,089名参加

とのことです。

消防署員の皆さんによって本当に丁寧に指導してくれます。

消防署長はじめ消防署員の皆さんありがとうございました。