2012年11月22日 のアーカイブ

本当に迷惑

2012年11月22日 木曜日

何処へ行っても「14区は無茶苦茶やな」との声

「地方議員としても恥ずかしい限りです」

今回の第46回衆議院選挙は

国の大きな岐路に立って考え

無ければ行けない選挙だと、

私も強く感じています。

しかし、私が住んでいる大阪14選挙区は、鞍替えの大流行で、

今まで我々の意見を繁栄していただいていたと思っていた議員

が、「所属していた政党が駄目だから、今度は政党を変えて出馬する」

などと平気で訴えられています。

政治家は、選挙や、日頃に訴える政策を指示していただいた方々の

 思いを、実現するために選んで頂いている者ですよね。

政治家個人の考え=支持者の思い   ですよね。

当選すれば政治家個人の思いで動けるなんて、勝手すぎませんか。

ましてや、政党人なら時代の流れの中で追い風も有れば、逆風も

有って当然です。

しっかりした政党の考えを訴えて、3年前の選挙戦ったじゃありませんか。

いつも、追い風で国民市民の苦しい思いを実現できる政策を語れる

はずは有りませんよ。

私の回りの方々は本当に怒っておられますよ。

「選挙は欠かさず行くが、今回は投票できる人がいない。信用できない。」

までおっしゃいます。ここまで、選挙不振にしている“大阪14選挙区”を

本来は国会議員が責任を取るべきなのではないですか?