2012年11月 のアーカイブ

11月報酬を公開します

2012年11月16日 金曜日

私の議員報酬を公開します

私の信念として、皆様の税金を頂いて

活動をさせていただいている間は、

出来る限り透明にさせていただこうと

考えております。

その一つが、報酬の公開です。

たくさんの報酬を頂いているというお声もあり、また、そのような報酬で

生活・議員活動・選挙ができるのか?というお声も色々頂きます。

その事も全て皆様に透明な「西川のりふみ」をお見せする事により、

率直なお声を頂けるものと考えております。

今後とも、様々な叱咤ご指導を頂きたいと考えております。

今月も、「皆様の貴重な税金から報酬を頂きありがとうございます。」



 

 

 

32%の方が“がん”で亡くなられています

2012年11月15日 木曜日

八尾市の“がん”での死亡数    (平成22年度統計)

保健福祉常任委員会所管事務調査

が行われた。

テーマは「市民の健康管理について」

で行われ、健診の重要性が議論された。

・健診(検診)の質の向上

・健診(検診)における他団体との連携

・健診(検診)の効果の分析・活用

などで議論された。

私は、今回の所管事務について発言は控えた。理由として、市民の健康を議会

で議論することは当然必要な事だと考えているが、今回の健診(検診)促進に

対して財政議論が全く無されないかなでの意見は、私のこれまでの「行政の

守備範囲の明確化」という考えを曖昧にした中での発言となると考えたから

である。しかし、今回各議員さんから発言された内容について全く否定する

ものではない。むしろ、自身が自分の健康に責任を持つために必要な事だと

考える。

今回の調査で用いられた資料の“がん”での死亡率をみてみると、市民自ら

日頃の健診(検診)を行っていただくことが自身の健康を維持する大切な事

に繋がるものなのだと感じます。

「自己がおこなう責任」と

「行政がお手伝いする仕事の範囲の明確化」が

議会の求められている議論であると考えています!



失望

2012年11月15日 木曜日

自分のことだけです?

「失望」という言葉しか見つかりません。

「マサカ?」と思うような一報が!

前回「民主党」で衆議院になられた議員が今度は、「自民党」に!

前回「自民党」の議員が「日本維新の会」に!

前回、労働組合に推薦を受け

ておられた方々が、それぞれ

その考えと相容れない政党に

移られる。

 何故行けるのですか?

また、何故その人を受け入れられるのですか?

凡人の僕には全く理解できません。

政党って何なのか?

政党人って何なのか?

そんな姿をさらけ出して、世の中を良くするなどと誰が信じるのですか?

おふたりに、選挙とは何かを聞いてみたいです。

当選ですか?

「辛い!」「全く辛い!」「信じがたい現実です」

 14区選挙区の市民に申し訳無いとは思いません?

自民党という政党を信じたいですが。

前回の選挙で自民党の地方議員として私がお願いをした皆さんに

貴重な一票をお願いしたことを申し訳なく、深くお詫び申し上げます。

自民党の代表として出馬していただいていると思っておりました。

「本当に申し訳ありません!」

“石川啄木”の言葉

2012年11月14日 水曜日

政治家は今何を?

最近のテレビ・新聞を見ていると、

政治は何を求めて行くものか?

分からなくなっていきます。

「政治は未来への理想」

「政治は明日の希望」

「政治は明日を楽しく迎える

ための今日の生活」

自らの必要性を見出さなければ、人が求めるはずはないのに!

「必要」「求められる」ことが政治ではないか?

僕の原点としている「石川啄木の言葉」

われわれの理想はもはや「善」や「美」に対する空想であるわけはない。

いっさいの空想を峻拒(しゅんきょ)して、そこに残るただ一つの真実ー

「必要」!これ実にわれわれが未来に向かって求むべきいっさいである。

われわれは今もっとも厳密に、大胆に、自由に「今日」を研究して、

そこにわれわれ自身にとっての「明日」の必要を発見しなければならぬ。

必要はもっとも確実なる理想である。      石川 啄木

大阪広域水道企業団議会11月定例会

2012年11月13日 火曜日

平成23年度決算認定等を可決

本日、午後1時から大阪広域

水道企業団議会11月定例会

行われた。

企業団議会としては2度目の

決算審査になるわけであり

 今回が企業団に移行して運営を始めた初年度になる。

企業団議会は広域化を図りより一層の効率化に努め府民に還元を

 するを目的とされているが、近年、有収水量の低下により収益を上

げる事が困難になっていることが分かる。

しかし、企業団はこれまでもこれからも府民に安価で安心な水を提供

するための素晴らしい努力を行っている事は理解でき、今後は当初の

目的の府市の二重行政がどの様に解消できるのかを進めていかな

ければならない。

本日の議決・承認事項

第1号議案  平成23年度大阪広域水道企業団工業用水道事業剰余金

         処分の件

第2号議案  大阪広域水道企業団布設工事監督者が監督業務を行う水道

         の布設工事並びに布設工事監督者及び水道技術管理者の

         資格に関する条例制定の件

第3号議案  大阪広域水道企業団附属機関条例一部改正の件

第4号議案  大阪広域水道企業団暴力団排除条例一部改正の件

第1号報告  平成23年度大阪広域水道企業団議会水道事業会計

         決算報告の件

第2号報告  平成23年度大阪広域水道企業団工業用水道事業

         会計決算報告の件

第3号報告  平成23年度決算に基づく資金不足比率報告の件

いずれも可決・認定をした。

平成23年度決算資料

水道事業会計













工場用水道事業













以上、平成23年度決算報告とします。

 

 



可愛い甥っ子が結婚しました

2012年11月10日 土曜日

これからの二人に乾杯!

11月10日(土)大安

若い二人の門出を見ていると

幸せな気持ちになります。

今日は、僕の小さい頃から

可愛がっていた甥っ子が結婚

しました。

何か、自分のことのように感じて

幸せな気分です。

また、自分の28年前を思い出し

てしまいます。

「これからの人生、いろいろな

があると思うけど、ふたり

で乗り切ってね!幸せに!」

 





 

 

 

 

 

 





 

“平成24年度市政報告会資料”完成

2012年11月9日 金曜日

市政報告会に向けて!

『本来、市政報告会の資料は、

私の一年間の政務活動報告で有るべき。 』

例年10月~11月にかけて行って

おります、市政報告会を本年度は

11月17日~12月1日にかけて

行います。

まだまだ、限られた地域での報告会

では有りますが、議員本来の活動として力を入れております。

また、開催に際しましては、役員様の多大なお力添えを頂いていること

心より有り難く感謝しております。

今年の報告会で配布させて頂く、資料がやっとできあがりました。

毎年その年に報告させて頂きたい内容を手作りで作成しておりますが、

市政報告会での資料は、私の一年間の活動報告であるとの位置づけを

しっかりさせ、ますます充実させていきたいと考えております。

本年度は、“今行われている平成23年度の決算の報告”“議会で非常に

議論されたまちづくり基本条例の改正”“新しくできた公共施設の概要及び

今進められている施設の進捗業況・概要”“市政報告させて頂くと、いつも

議論になる町会の現状”などを報告させて頂くこと共に、私が本年どの様な

思いで議会活動(改革)に取り組んでいるのかを限られた時間では有り

ますが、皆様と親しく会話形式でお話しさせて頂ければと考えております。

皆様のご参加、お待ちしております!





















  





皆様の叱咤ご指導を、今後とも何卒宜しくお願いします。

半年で436人減

2012年11月6日 火曜日

八尾市の人口(9月末現在)270,630人

この度、3月と9月に行われている

報告書によると“八尾市の人口”に

おいて3月時点より436人減った

事になります

報告(住民基本台帳)では

・世帯数・・・119,421世帯(3月時点では120,090世帯)の619世帯減

・人口・・・男子130,476人(3月時点では130,780人)の304人減

      女子140,154人(3月時点では140,286人)の132人減

      計270,630人(3月時点では271,066人)の436人減

少し詳しく見てみると、

0歳から20歳までの人口・・・53,170人(3月時点では53,443人)で273人減

65歳以上の人口・・・65,480人(3月時点では64,162人)で1,318人増

この事を見ると、八尾市においては人口減少の割には少子高齢化が益々進んで

いる事が顕著に表れている。

“魅力ある八尾市の創造”が図られているのか疑問を感じる。

将来世代への投資として公共事業が行われているが、人口推移を見てみると

その事が正しいと言い切ることはできない。

歳出に対しての考え方を明確にすべきである。







 

新しくできる“JR八尾駅のホーム”【情報提供】

2012年11月3日 土曜日

ホームの安全対策について

来春に供用開始予定のJR八尾駅

ホームにおいては、下図のような

安全対策がなされているとのこと

で、JR八尾駅を利用される方は

今後そのような視点で工事を見て

頂ければと思います。

ホームをできるだけ大きく安全に使っていけるような工夫がされています。

・橋上駅舎を大スパン構造にする ・・・線路際に柱を設けないことにより

・旅客上家の柱をホームから無くすまたは減らす ・・・

                       線路際に柱を設けないことにより

・ホーム上の電柱を無くす ・・・障害物の撤去



現在ホームが狭くなっている場所があるための措置

特例公債法案を政争の具にすべきでない

2012年11月2日 金曜日

地方自治体に迷惑をかけるな

与党(民主党)の責任において速やかに

特例公債法の成立を行うべきです。

特例公債法を成立して、国が赤字国債を

発行しなければいけないという法の足かせ

何故かけているのか、政府は責任を持っ

て考えていただきたい。

財源が確保できないという国の末期的な状況を民主党が3年前に変える

ものだと期待した。

小泉改革がなそうとした、国の立て直しは、国が破綻するという危機感から

ではなかったのか。

今回自民党本部からの要請文が届いたが、政争の具にすることなく政府

与党の責任で果たし、国、地方の有るべき方向を示して頂きたい

そのような事を続けていると“議員無用論”が進みますよ!