2012年12月6日 のアーカイブ

将来世代に責任を!

2012年12月6日 木曜日

12月議会で個人質問を

テーマは「将来世代に責任を」

行政をはじめ我々議会としても

この国が抱えている今後の問題

を考えて将来世代に、もっと

具体的に責任を持てる運営が

必要ではないかという視点で個人質問をさせて頂きました。

八尾市の個人質問は1回目は質問を通告して、2回目以降

質問席から詳しく質問していく一問一答方式で30分以内

行います。

1回目の質問









1回目の質問に対しての市長答弁













今回の質問の趣旨

下記資料で締めさせていただいているように、少子高齢化によって

将来世代に今までのように負担を回していて大丈夫なのか?

“将来世代に応分の負担を”と言いながら八尾市は未だにハコモノを

建て続けています。

国交省の予想では現在の経済業況がよほどの成長をみない限り、

現在の施設の維持管理にかかる費用が大きくのしかかり、新しい

公共施設を建てることができなくなるという試算が出ている。

八尾市においても公の施設に対する考え方の大きな方向転換が

必要であることは火を見るより明らかであり、私は今の八尾市行政

の方針に強い懸念を感じている。

資料

人口推計(田中市長就任以降)



公共建設(近年)





いじめの全国調査をもとに八尾市の調査結果を求めた



私は、議員活動のテーマとして“公の役割をスリムにする”

ことを目指している。

このことは14年間一貫して訴えてきた、今後も行政のスリム化

を仕組みを大きく見直すことで実現できるよう訴えていきたい。