2013年5月23日 のアーカイブ

機能しているのか「教育委員会」

2013年5月23日 木曜日

信頼が揺らぐ教育現場

『教育委員会の真実』

を読み終えて。

八尾市の教育委員会が

この本のような形骸化された

ものとは考えていないが、

今の教育委員会というのが、

現場を指導監督している組織

なのかということは考えさせ

られる。

著書は今後の教育改革を考える

意味でも現状の教育行政を知るべきで

あるとの意味で書かれたのであろうが、

もし実態がこのような馴れ合いの体質で

あるのなら数々の問題が隠蔽されてきた

ことは想像できる。

今、行政の長が地域と密接に関わる

教育現場を教育長に全権委任して

いて良いのかを世論が問いかけて

いるように思える。

教育と行政の分離ではなく、八尾市の

こどもの教育を考える責任を市長

が負っていることを考え、今の

教育委員会のあり方を考えるべきである。