2013年6月3日 のアーカイブ

オスプレイ訓練受け入れに抗議の声殺到

2013年6月3日 月曜日

知事発言の真意は?

昨日から電話やメール、道端で

たくさんの方に「オスプレイ受け

入れるのか?」という問いかけ

があり、「反対やで」という声を

伺っています。

本日の議会運営委員会において

冒頭、執行部(市長側)から大阪府・八尾空港に問い合せたが何も

連絡が入っていないとの事。

八尾市も何一つ聞かされておらず遺憾の意を表している。

また、八尾市としては受け入れの報道が事実なら強く反対するとの

ことである。

以上が八尾市の現状報告です。

報道が事実なのかどうか?

もし、新聞報道が事実で橋下市長発言から沖縄への言い訳アピール

であるなら、これほど市民不在の判断は許されるはずがなく、

八尾市議会として強く抗議すべきと考えている。

もし、沖縄の負担軽減を考えてのことであるなら、大阪市民に対して

十分な説明責任をおっているはずである

「決めれる政治」と声高に叫ばれる昨今だが、判断の大前提は国民

・府民・市民にとって如何なるものかが大切であろう。

毎日新聞の前泊博盛教授の言葉が紹介されているが、「危険視さ

れている訓練を自らの地域で率先して誘致するのは主権侵害の容認

につながり、大阪府民にとっても迷惑だろう」と言われている。

権力を持つ者は謙虚でいて欲しい!

権力の暴走につながることの無いようにお願いしたい。