2013年8月15日 のアーカイブ

お盆の日は「護国神社」「大念仏寺」

2013年8月15日 木曜日

自転車で走る 走行距離約50km
お盆の日は「みたま祭り」が
われている、住之江にある
「大阪護国神社」にお参し、
戦死された方々に尊崇の念を
表し平和の有り難しに感謝の
気持ちを刻みます
また、我が家のご祖先の御霊
お祭りしていただいている
平野の大念仏寺にもお参り
させていただきます。
終戦記念日の8月15日
私にとっては父や祖父母を
いっぱい思い出す日にしています。
自転車は南港まで足を伸ばし
海と船にパワーをもらって
帰ってきました。

「首相、靖国参拝見送り」残念です

2013年8月15日 木曜日

「遊就館」に是非訪れて頂きたい

2001年から小泉内閣総理

大臣は 退陣されるまで、8月

15日終戦の に靖国神社参拝

を毎年続けられた。

今回、中国・韓国に配慮すると

して、参拝を見送られた。

日本人は先祖に感謝しお墓参り

をしたり、家で仏壇に合掌をする。

この親の姿を見て子供が親や

先祖に感謝の表し方を自然と学ぶ。

私たち日本人としてこの国の為に

尊い命を捧げて頂いた方々に

尊崇の念を表し合掌すること

を誰からも妨げられるものでは無い

と強く思う。

今、何が問われているのか?

この国のあり方ではないか?

先祖が犯した誤ちも、誇りも、富も全てを感謝という気持ちで

引き継ぐことが、我々が子供たちに教えるべきことではないのか。

私は東京へ行く時は時間が有れば必ず靖国神社を参拝する。

また、時間が有れば必ず遊就館を拝観させて頂く。

広島・長崎で平和の尊さを学ぶだけではなく、この国のために身を

捧げられた尊い方々に尊崇の念を表すことで平和の有り難さを学ぶ

べきでは無いだろうか。

是非これから日本を担う若者に明確なメッセージを出して頂きたい。





「温故知新」将来を切り開くためには、先人を尊敬することから始まる。