2015年7月25日 のアーカイブ

残念な橋下氏

2015年7月25日 土曜日

率直な思い


橋下氏が政治の場に出てこようとした時


私は八尾市で自民党として橋下氏を


熱狂的に応援をさせて頂きました。


当時、大阪の将来を明るく導いてくれる


最適なリーダーが現れてと、私の支持者


全員で応援したことを今のように覚えています。


まさに、初々しく老いも若きもこの指導者に絶大なる期待を


していたと思います。


この人は東京を追い抜くほどのエネルギーを持った政治家


になると疑いませんでした。


しかし、今となって考えるとこの橋下氏の言動や取り組みは


今回の大阪会議(大阪戦略調整会議)で明らかなようなリーダが


最も注意しなければならない一面(一方的な見方)で物事を


打ち負かす手法を取っているのではないかと残念でなりません。


「決めれる政治」とは最善の注意を払うことを忘れると独裁者で


しかないのだと思います。


この幸せな暮らしは成熟した政治の中から創られた事を決して


忘れず謙虚でなければいけないと考えます。


行政をリードする政治は多面的でなければ間違いなく偏りが


おこり最終的には不幸を産むと考えています。


今回の自民党が出した大阪戦略調整会議が今後どのような


ものを創り上げていくかは分かりませんが、都構想が一度待った


がかかったのであれば、真摯な姿勢で大阪の将来のために


進める努力をするのが指導者の取るべき道ではないのでしょうか。


もう大阪はこのようなことをしている余裕などないことはリーダーで


ある立場の方が一番危機感を感じるべきなのでしょう。


私たちの政治家の目的は、権力闘争ではなく夢を持てる将来を


描くことに尽きるでしょう。