2020年6月19日 のアーカイブ

予備費に異議あり

2020年6月19日 金曜日

10兆円もの予備費


通常国会が閉会しましたが、コロナ対策国会


といってもよい国会でした。


公平・正義・民主主義いろんな問題が噴出した


話題多い国会となってしまいましたね。


また、国会と並行して知事のコロナ対策にも


注目が集まりましたね。


私は地方議会に身を置いていますことから、


何よりも、予算の在り方、特に10兆円もの


予備費を組まれた予算編成に、この国の議会


制民主主義が崩壊しかけていることに憤りを


感じ、議員であることの責任を再認識しました。


そもそも、議会制民主主義とは国民の税をどの


ように政府が使おうとしているのかを監視・


監督することから始まった制度であり、予算


審議もせずに使える10兆円もの予備費を


自由に使うことを議会が認めたということに


なります。


本当に、この国って大丈夫なのか?


今の自民党はおかしい。


政権与党として、民主党政権下でおこなわれた


ような無責任な国づくりには絶対戻してはい


けないと国会審議を見ていて感じたのは私だけ


でしょうか





 

カジノは日本に必要か?

2020年6月19日 金曜日

マカオ経済が苦境


コロナ後の世界がこれまでのようなハイ


パーグローバル化に戻どることは考え


にくい。


コロナ危機で感染阻止のため国家間の人の


流れはほぼ完全にストップし、貿易も大


きく縮小した。


国家を守るため経済・社会が統制された。


グローバル化の限界をコロナ禍は私たちに


強烈に知らしめた。


世界最大のカジノ都市であるマカオの経済


は、新型コロナウイルスが直撃し、マカオ


政府が6月1日に発表したデーターに寄れば


5月のカジノ収入が前年同月比93.2%


減少。それに伴うGDPは前年同月比48.


7%減でカジノに依存していたマカオ経済が


危機に陥っている。


現在日本が進めようとしている、カジノ・


観光産業にも大きな影を落としかけている。


幸か不幸か、本格的に導入されようとして


いた日本のカジノ産業を今一度見直して


みるべきではないだろうか。