2020年7月 のアーカイブ

都構想に賛成

2020年7月17日 金曜日

衛星都市(八尾市)選出議員として


この度、私は都構想の必要性が増したと考え、


これまで反対をしておりました都構想に賛成の


立場を表明させて頂くことにいたしました。


ご支持いただいて参りました皆様方からはいろ


ろなご意見もあろうかとは存じますが、大阪


展のため、志を同じくする自民党大阪府議会


員団9名と一緒に賛成の立場を表明させてい


だきましたことをお伝えさせて頂きます。


昨年春に皆様からのご支援のお陰で大阪府議会


議員2期目に当選させて頂き、これまで大阪発


展のために都構想に対してどのような態度をと


るべきかを熟慮してまいりました。


今回のコロナ禍において、行政サービスが迅速


かつ的確に行われるためには、司令塔が1名で


ある事の必要性また、大阪市においても他の市


町村と同様に広域・基礎の役割分担を徹底させ


ことが重要であることなどを感じ賛成させて


頂きました。


昨日、自民党大阪府支部連合会で大阪市会を中


心とした反対派と大阪府議会議員の賛成派によ


る公開討論会が行われ議論を戦わせて頂きまし


た。


原田亮幹事長が代表で訴えた私たちの賛成させ


て頂いた理由を添付させて頂きますので、ご覧


いただき大阪の未来がどうあるべきかお考えい


ただければ幸いです。



 


 


 


 


 


 


↓ 原田亮幹事長作成賛成理由



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 








 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 





 

大阪のIR見通し立たず

2020年7月1日 水曜日

令和元年12月24日に「大阪・夢洲地区特定


複合観光施設設置運営事業募集要項」が公表され、


大阪のIR推進に向けた事業が進められてきた。





しかし、令和2年3月27日、新型コロナウイルス


感染症拡大防止対策、及びこれに伴う民間事業者


事業活動縮小等が生じたことから、IRに対しての


提案審査書類の提出が3か月延長された。





さらに、今回、国会の基本方針が未だ策定されていな


いこと、新型コロナウイルス感染症の影響を見極め


る必要が有るとして、大阪府は7月頃に業者から


提案提出を予定しIR推進に意欲を見せていたが、


当面の間無期限延長されることが決定した





先日、マカオでのカジノ業界の大打撃に対して


blogで掲載させて頂きましたが、インバウンド


による観光施策での成長を進めてきた大の未来


予想図に大きな影を落すこととなっている。


コロナ禍という100年に一度の予期せぬ危機


とは言え、極めて脆いものではないだろうか。