議会活動リポート

「生活保護事業に関する事務の執行について」

2014年7月4日 金曜日

平成26年度の包括外部監査のテーマ


八尾市では平成14年に条例を制定し、


内部監査以外に外部の調査機関を通して


包括外部監査を実施している。


外部監査人として指定を受けた人間は


八尾市の問題点を独自にテーマとして設定し、1年間調査に当たる。


特に、市民の関心の高い問題を取り上げる事が多く、この制度により


内部監査とは違って他の市町村との比較等鋭く監査することができる


と思える。


本年度は別紙のとおり、私たちにもよく問い合わせのある、生活保護


世帯が適正に保護費を自給し使われているのか、また自立に向けた取り


組みがされているのかを監査されるとの報告を受けている。


市民の貴重な税金が間違いなく使われ、市民に不公平感を持たれない


ような報告が求められる。