議会活動リポート

八尾市国民健康保険運営協議会

2011年2月16日 水曜日

本年度2度目の国保運営協議会が開かれた  pm2:00~

国民健康保険運営協議会とは、市長が国民健康保険運営に際し広く専門家や

市民の意見を聞き、八尾市の国民健康保険運営の参考にするものであると理解

理解している。

今回は平成22年の決算見込みと平成23年度の予算案が示された。

この予算案に基づいて6月には平成23年度の保険料が決まることになる。

平成21年、22年は不景気のため市長の政治的な判断の基 保険料の値上げはせず

据え置きされました。

平成23年度は2年据え置いたこともあり財政的に苦しい局面を迎えていると考える。

しかし、今日の資料通りの値上げ幅で納付するのであれば、市役所の窓口はパンク

するほどの厳しいものになると創造される。

我々議員は出来れば値上げをすることの無いような議論をしたいのであるが、むやみに

一般会計からの繰り出しを求めるような無責任な判断のし難い。

今後は下線部の法定で認められた以外の繰り入れ を市長にどれだけ求めるかが

議員に課せられた責任ある判断になる。

3月議会・6月議会でしっかりとした議論をしていきたい。

因みに、この国民健康保険制度はとっくに破綻をしており、国は早急に税を含む

社会保障制度の抜本的な見直しが急がれる。

八尾市の国民健康保険を担当している職員の皆さんは、頑張っているのに制度に

振り回されて大変だと思います。

1

2
3

4

5

LINEで送る