議会活動リポート

八尾市の国民健康保険運営協議会

2013年1月31日 木曜日

国の責任「健康保険制度見直しを」  14:00~15:20

本日の国民健康保険運営協議会

において、平成24年度決算見込み・

平成25年度予算案が提案されました。

平成24年度決算見込み

歳入・・・327億4700万円

歳出・・・348億2300万円

歳入歳出差引・・・-20億7600万円

単年度収支・・・-10億8500万円

平成25年度予算案

歳入・歳出・・・339億5200万円と見込む

国民健康保健被保険者数の推移・医療費の推移

平成22年度・・・84,585人 ・ 269億4976万円

 平成23年度・・・83,897人 ・ 274億1896万円

平成24年度・・・82,999人 ・ 274億840万円

平成25年度・・・82,254人 ・ 276億2349万円

平成24年度決算と平成25年度予算を見てみると、被保険者は

745名減る見込みであるが、医療費は2億円強増えると見込ん

でいる。

所得が伸びない中、国民健康保険料が所得に占める割合が

ますます大きくなり最早、被保険者が払うことができる限界に

来ていると認識する。出来るだけ早期に国の抜本的な保険制度

見直しを求めたいものだ。

平成25年度の保険料が決まるのは所得税が確定してからである

ことから、6月上旬になる。

私たち会派も3年間保険料の値上げを認めていない。

しかし、値上げを押さえるのには一般会計からの繰入が必要であり

無制限な繰入を認める事も出来ない中、より一層の議論が必要と

なりそうである。

 また、今回「八尾市国民健康保険特定健康診査等実施計画(案)」

も出されており、個々が日頃の健康診査を受けていただくことで、

健康に自分で気をつけることを心がけていただくことをお願いしたい

ものです。