最近の「西川のりふみ」の声

自民党からの広報

2014年7月5日 土曜日

安全保障法制整備にご理解を


私の考え方は、本来憲法改正を


国民に問い、国際社会における


日本の責任を理解していただき


真正面から憲法改正を行うべきだと考えています。


ただ、現実的に最近の近隣諸国の動きが時間をかけて憲法改正


に取り組める状況かと言えば、非常に危うい状況になっている


ことも事実であります。


あるべき姿を求めつつも、現行なし得る最善を追求することも


重要な事だと考えます。


「解釈」という不透明な道具を使いこなす責任は大変重たいものだと


感じます。