最近の「西川のりふみ」の声

小沢 元民主党代表 無罪

2012年4月26日 木曜日

清廉潔白?

今回の裁判では小沢元代表が「陸山会事件」で無罪判決になったことで

検察審査会法改正で導入された強制基礎制度の導入の意義を問われる

ことになるのではないか。

また、「政治家に都合の良い法律」と言われてきた政治資金規正法が国民

からかけ離れた法律であることをも改めて示されたのでは無いか。

私たち政に携わる者としては、まず求められていることはお金には厳しく

無くてはならない。

小沢元代表が秘書によく言っていた言葉を読売新聞では紹介しているが

「庭掃除もできない人間には、日本の大掃除もできない」と。

よく「お金を集められる政治家が本当の政治家だ」と聞かされることがある。

また、「綺麗だけで政治はできない」とも言われる。

しかし、本当に国民はそのような政治(政治家)を求めているのだろうか。

われわれは、そのような政治(政治家)にNOを伝えなければいけないの

では無いか。

今回の小沢元代表の裁判結果は永田町の一部の議員と利権に群がる者

以外大多数の国民が「またか」と残念な思いをしているのでは無いか。

私は皆さんに教えていただきたい。

本当に「秘書が勝手にやったこと、知らなかった」だから無罪で良いのです

か。政治資金規正法に抵触していなければ真っ黒な政治家でも仕方ないの

すか。

近年、小学校の卒業式で「将来何になりたい?」という目標についに発表

しているのを聞く。「政治家になりたい」と答えた地元の小学校の子どもが

いなくなった。

それはそうですね。このような事が当たり前のように報道されるのですから。

申し訳ありません。また愚痴ってしまいました。

でも、私はこの結果についてNOです。「残念」の一語に尽きます。

私たちも同じように見られることも残念です。

政治家の最低限度の条件は「清廉潔白です」

         平成24年4月26日(木)読売新聞夕刊



 

 

この事で、