最近の「西川のりふみ」の声

悩ましい選挙でした

2012年12月17日 月曜日

「誰にいれたら良いの?」

今回の選挙は合う人全員に

「誰に入れたら良いの?」

聞かれました。

この大阪14選挙区の選挙は

 しらけていたんじゃないですか?

少なくとも、私の周りの方々はそうでした。

「次回はどの政党から出るのが徳か?」考えている人を

指示できないですよねと。

小学生が卒業式の時、「大きくなったら・・・・になりたい」と

発表してくれますが、ここ数年前から誰一人として政治家・

総理大臣になりたいという夢を語る子供がいなくなりました。

今回の“何処から出れば当選できるか選挙”を見ていると、

悲しいことですが納得です。

結果は自民党に多くの議席が!

他党に対しての批判が自民党の議席獲得になったのでは?

と思いますね。



近畿ブロック(比例区)の票では、

日本維新の会・・・2,975,154票 (10議席)

自由民主党・・・・・2,305,078票 (7議席)

公明党・・・・・・・・・1,224,447票 (4議席)

民主党・・・・・・・・・1,158,316票 (3議席)

共産党・・・・・・・・・  722,684票 (2議席)

みんなの党・・・・・  631,597票 (2議席)

未来の党・・・・・・・  477,185票 (1議席)

社民党・・・・・・・・・  131,512票 (0議席)

幸福党・・・・・・・・・   33,157票 (0議席)

今回の選挙をどの様に受け止めれば良いのでしょうか?

立候補する方だけではなく、投票をする国民も1票が自分

に返るという思いで見つめるべきなのでしょう。